羅漢像 in 愛宕念仏寺

羅漢 in 念仏寺
 京都・洛西・嵯峨野の北西に愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)がある。1200体の羅漢像が境内全域に祭られていることで知られている。今までもお寺を訪れた時、仏像の表情が豊かで時々撮影してきた。一度この寺を訪れたいと紅葉を機にやってきた。さすがカメラマンが多い。十名を越している。
 羅漢とは仏弟子のことを言うらしい。通常は十六羅漢か五百羅漢が多い。ここでは千二百羅漢である。五百羅漢とは釈迦が涅槃に入るときに集まった仏弟子を言い、七百羅漢は第一回結集(集会)に集まった仏弟子を言いここでは両方で千二百となる。
 
c0232370_05043931.jpg
笑う羅漢
 ここの羅漢さんはあまり悲壮感がない。残念ながら昭和55年頃復興事業の時、寄進者によって彫られた像らしい。
c0232370_05041175.jpg
この寺は奈良時代の創建で由緒あるが荒廃と復興を何度も繰り返し、昭和になって仏師で著名な西村公朝氏が住持になって再興されて現在に至っている。これだけあるとどの像を撮るか迷ってしまう。あるカメラマンが言った、笑っているのが良いと。
c0232370_05045124.jpg
特徴ある像
 ここではもう一つ他では見られないのを集めてみた。寄進者にナゴヤを見つけた。
c0232370_05042560.jpg
本堂傍の羅漢群
 所々群で像が並べられている。
c0232370_05050403.jpg
鐘楼
 ここの寺には、名前は通常であるが中身が珍しい建物がある。鐘が三つあり突き棒は円形で回して打つ。それぞれの鐘には仏、法、僧の名が打ってあり、色も金色だ。建屋は朱色で中国の寺みたいだ。さすが近代的な寺である。
c0232370_05035041.jpg
多宝塔
 上の鐘楼もこの多宝塔も初めは何の建物か分らなかった。パンフレット見て初めて分った。
c0232370_05032578.jpg


c0232370_11243361.jpg

この寺は何と考えて良いのか分らなかったがカメラマンが多いのは事実であろう。個人的には日本的、伝統的な方が好きである。

[PR]

# by toka987 | 2017-12-11 05:54 | 17年12月の写真 | Comments(0)

紅葉 in 二尊院

参道の紅葉
 京都の紅葉を撮りたいと思って候補地を探した。良いところが多く迷った。石段に散る紅葉の落ち葉がないかと二尊院に決めた。参道を歩く着物姿に風情を感じ、気に入り撮った。
c0232370_17350186.jpg



参道脇の紅葉
c0232370_17355806.jpg


本堂山門前の石段の紅葉
 ここの石段に散る落ち葉紅葉が目当てであったが残念ながら落ち葉は少ない。
c0232370_16584421.jpg
石段詰めの紅葉
 本堂門前の苔とコラボした紅葉が綺麗だ。
c0232370_16585902.jpg
苔に散った落ち葉
c0232370_16591532.jpg
本堂門前後の紅葉
紅葉を求めて二尊院を訪れたがはたして絵になったか、難しい。これが現在の私の実力だ。
c0232370_16593147.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-12-06 17:16 | 17年12月の写真 | Comments(2)

紅葉とヒマラヤ桜 in 普門寺

紅葉ヒマラヤ桜の競演
 この時期に咲く桜は四季咲きだけだと思っていたらヒマラヤ桜という品種もあるらしい。TVで今満開だ、春と秋の競演だと放送していた。ミーハーの私は喜んで豊橋の普門寺へ飛んで行った。山門の側に一本だけが紅葉と並んで咲いていた。地元のおばちゃんによると咲き始めはピンクが強く奇麗だと教えてくれた。
c0232370_23081715.jpg
ヒマラヤ桜
 花はそこそこの大きさで群がって咲いており、四季桜のように小さくバラバラではなく、普通の桜ように咲いていた。
c0232370_23082845.jpg
紅葉ヒマラヤ桜
 山門の出口側からも撮っておいた。
c0232370_23091564.jpg
ヒマラヤ桜2
 横から見ると雄蕊が大きく梅みたいだ。
c0232370_23093648.jpg
山門の紅葉
 説明的に写真を撮っておいた。手前上が普通の紅葉、右端が山門、外の電柱の所に桜があります。
c0232370_23100838.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-12-01 23:35 | 17年12月の写真 | Comments(2)

紅葉 in 談山神社

談山神社の石段登り口
 連盟撮影旅行で談山神社へ行ってきた。紅葉はちょうど盛期を迎えているようだ。受付をはいって階段を登れば本殿に出る。この神社は大化改新を成しとげた藤原鎌足が中大兄皇子と談合を行った所でその鎌足を祭ってある古い神社である。写真は紅葉を撮っているのか神社を撮っているのか分らなくなってしまったが要するにそのコラボである。
c0232370_22270717.jpg
十三重塔 
 世界唯一の木造十三重塔であり鎌足の供養塔とかでこの神社のシンボルである。タイミングが悪く曇り空となり大写しはできなかった。
c0232370_22272517.jpg
拝殿からの紅葉
c0232370_22274319.jpg



c0232370_22290166.jpg
拝殿下の紅葉
c0232370_22284607.jpg
紅葉の大木
c0232370_22281642.jpg
末社総社内の壁画
c0232370_22293639.jpg
 
石仏
 神社境内を外れたところに石仏があった。写真を撮っているとマニアが訪れ情報をくれた。近くには他にもあるらしいが今回は割愛した。
c0232370_07345600.jpg

商店街の紅葉
 境内から商店街を見るとちょうど逆光になり紅葉が綺麗だ。
c0232370_22291985.jpg
旧参道
 神社の参道が奇妙である。何時の時か変わった気配を感じる。この神社を訪れる人はまず大鳥居(一の鳥居)や本来の東大門や西大門跡を通ってくる人は少ない。今の商店街の路の反対側が本来の参道ではないかと思われる。東の方に少し広い広場があり、そこに大きな碑があり談山神社の創建由来が書いてあるらしい。そこからこの灯籠の並んでいる向こう側に参道があったのではないかと推測される。そう考えるとこの灯籠の列の説明が付く。
c0232370_07344358.jpg
追記 この神社は当初妙楽寺として創建された。後に神殿が建てられ、神仏混淆の時代を経て、明治時代の神仏分離令を経て神社として現在          がある。したがって由緒書きや法堂が不都合になり見捨てられたものと推定される。



[PR]

# by toka987 | 2017-11-26 22:57 | 17.11月の写真 | Comments(2)

山野草 in 奥三河

ハナラッキョウ・花辣韮
 10月下旬2転、3転したが再び新城を訪れる機会を得た。前回に載せなかった山野草を載せる。花辣韮が盛期を迎えていた。説明書によると花辣韮と書いてある。ところが図鑑によるとそのような品種はなく俗称だと書いてある。山辣韮と書いてある説明もあり食べられるとか食べられないとかとも書いてある。混沌として迷ってしまった。辣韮の色は通常赤紫色らしい。群生すると白花辣韮が見られることがあるらしいがここでは群生していないのに一本だけ白花があった。思ったよりおもしろいと思った。下から順番に咲き、咲くと下を向く。頂上辺りの花は上を向くらしいがここでは見られなかった。
c0232370_10572720.jpg
センブリ・千振
 普通のセンブリが今回は咲いていた。白色の花弁だが筋があった。華やかさはムラサキセンブリが上だろう。
c0232370_10574501.jpg
ホソバリンドウ・細葉竜胆
 何処にでも咲いている普通のリンドウである。五色園でもいっぱい咲いている。
c0232370_10580582.jpg
エンシュウハグマ・遠州白熊
 今回はもう終盤であり、花柱が茶色になっていた。水滴がまとわりつきおもしろいと思った。
c0232370_10583773.jpg
ムラサキセンブリ・紫千振
 今回も一番のお目当てであった。盛期で道端にいっぱい咲いていた。この花は人なつこい花である。何故か、ここに咲いているからみてちょうだいと言わんばかりに通り道の傍で咲いている。ここでは4種類、4,5、6、7花弁が見られた。記録によるとあとは3枚と8枚だけとなった。
c0232370_10582197.jpg
道祖神
 岩陰に小さな道祖神があった。誰かが彫って飾った新しい物であろう。
c0232370_10585750.jpg



[PR]

# by toka987 | 2017-11-15 11:36 | 17.11月の写真 | Comments(4)

晩秋の乗鞍高原

梓湖
 上高地道路から乗鞍高原道路に入り梓川を横切る。橋の上からの黄・紅葉が綺麗だ。黄色、赤色、青色のブチはここまでだ。
c0232370_21243307.jpg

乗鞍高原入り口辺り
 ここら辺りまでは落葉樹・岳樺?の黄色が目立ち始める。
c0232370_21031871.jpg
番所の大滝
 高原入り口辺りにこの滝がある。100m程急な下りでしかも北向きで暗く撮影条件が良くない。滝頭の水滴に色が付いて綺麗だが分るかな。
c0232370_17423836.jpg
一位と七竈の赤い実
 昼になったので近くの日本風建物のソバ屋に入る。入り口に赤い実がなっている。イチイだ。近くにナナカマドの実もある。
c0232370_17422065.jpg

高原の宿街
 スキー宿などが点在する広場に出た。裏山の唐松林の黄葉が綺麗だ。ここら辺りに来ると全て唐松林で黄色一色だ。
c0232370_17425099.jpg
一本唐松
 スキー宿の玄関脇に素晴らしい唐松が一本立っている。
c0232370_17430897.jpg
スキーゲレンデは唐松の黄葉林を切り開いてできているようだ

 
c0232370_17432285.jpg
道路の両脇も黄葉林だ。乗鞍高原は黄一色で染まっているようだが観光客はほとんどいない。とにかく唐松林が素晴らしい。
c0232370_17433301.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-11-09 18:10 | 17.11月の写真 | Comments(2)

晩秋の上高地・ターミナル周辺

今回の撮影はフォトゼイックなポイントが多く朝から夜まで走り回った。上高地最後にバスターミナル周辺を集めた。唐松林はバスターミナル周辺から梓川沿いに多い。
早朝の河童橋から吊り尾根を望む
c0232370_09175424.jpg
駐車場の唐松林
c0232370_09180851.jpg
駐車場対岸の梓川から六百山を背景に
c0232370_09183266.jpg
梓川対岸のホテル当たりから唐松林を望む
 背景左の山は六百山、右端は霞沢岳
c0232370_09192591.jpg
再び河童橋に戻って橋上から吊り尾根を
c0232370_09174038.jpg


[PR]

# by toka987 | 2017-11-08 09:31 | 17.11月の写真 | Comments(2)

夜と早朝の上高地

月夜の吊り尾根
 今回の撮影の主目的は黄金の唐松林の撮影であった。夜の穂高の撮影に河童橋へ出かけた。月は半月を越しており条件はおもしろくない。先客が2名いる。それでも星は写った。10年前にも撮ったがその時はプロも撮っていない走りで自慢であったが今では並で誰でも撮れる。
c0232370_06403072.jpg

お月様
 今回のお月様である。月だけではおもしろくないので白樺で挟んでみた。
c0232370_23394697.jpg
早朝の吊り尾根
 ここは盆地で山に囲まれたお皿の底である。モルゲンロードも頂上なら撮れるかもと梓川に出かけた。先客が5,6名いる。アマチユャ写真家であろう。女性も2名いる。
c0232370_23401162.jpg
焼岳
 河童橋まで戻り橋上から焼岳を撮る。こちらも OK だ。
c0232370_23403652.jpg
霧氷と唐松の黄葉
 今朝の気温は-6℃だ。薄らと霧氷が見える。予定外の光景だ。
c0232370_23411503.jpg
朝霧と焼岳
 少したつと朝霧が梓川から発っている。写すには弱い。
c0232370_06343517.jpg


[PR]

# by toka987 | 2017-11-04 00:02 | 17.11月の写真 | Comments(4)

晩秋の大正池から

焼岳
 先週に上高地を訪れたが天気予報が外れ、曇りから雨模様であった。そこで唐松の紅葉を求めて再び訪れたが最高の好天に恵まれた。大正池に写った焼岳である。撮影は誰でも撮る平凡な写真となった。
c0232370_15074615.jpg
穂高吊り尾根
 池には穂高吊り尾根が写り観光客を楽しませている。これも定番でおもしろくないが撮っておいた。
c0232370_15080727.jpg
田代池からの吊り尾根
 少し河童橋寄りの園地に田代池がある。草紅葉が絵になるはずだ。
c0232370_15082106.jpg
大正池の枯れ木
  池の枯れ木も数えるほどになった。
c0232370_15083580.jpg


[PR]

# by toka987 | 2017-11-03 15:20 | 17.10月の写真 | Comments(0)

秋の上高地、バス停から沢渡まで


上高地から沢渡までの自動車道沿いの紅葉が綺麗だ。特に特徴あるものは見られないが一般的な錦の御旗のように変化に富んだ紅葉が楽しめる。所々の駐車場に止めて紅葉を楽しんだ。
c0232370_17522450.jpg

c0232370_17523774.jpg

c0232370_17524661.jpg


c0232370_17532027.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-29 18:07 | 17.10月の写真 | Comments(5)

秋の上高地・河童橋周辺

早朝、猿軍団のお出まし
 ”朝起きは3文の得” 早朝、宿が開く前に撮影のため河童橋へ出た。外は霧雨程度である。猿の一群が河童橋を渡ってやってくる。おやおやこんなこともあるのだと少し驚かされた。そうだ撮影だとカメラを向ける。川沿いに餌をあさりながら歩いて行く。小猿が母親の背に負ぶさっている。これだと狙いを定めるが通り過ぎてしまった。猿の軍団の中に入って歩くがそれ程気にする様子がない。追い抜いて先頭のボスから狙う。親子猿の表情も狙うが定まる前に行き過ぎてしまった。トータルで4軍団程が通り過ぎていった。
c0232370_02505477.jpg
通り道の唐松林
 上高地駐車場周辺の唐松林が綺麗だ。
c0232370_02510455.jpg
対岸の唐松林
 梓川沿いに唐松林が林立している。残念ながら下の方に背丈の低い青い落葉樹がある。少し下流に下がって適所を探す。背景は雨模様で空が白けている。撮影条件は良くないがやむを得ない。
c0232370_02511570.jpg
赤い実に水滴
 駐車場の一角に赤い実がなっていた。
c0232370_02512820.jpg
駐車場の唐松林
 駐車場を囲んで唐松が茂っている。撮影にはもってこいだが車や人が多い。
c0232370_02514003.jpg
雨滴の撮影
 雨の日はそれらしい撮影をすれば良いと内の奥さんが言い、適所を見つけてくれた。フラッシュを焚いて雨滴を浮き上がらせる。
c0232370_02515326.jpg
園路
 河童橋から駐車場への通路の唐松林も綺麗だ
c0232370_02521296.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-29 03:23 | 17.10月の写真 | Comments(2)

秋の上高地、大正池から河童橋

大正池
 紅葉には黄葉もある。黄葉の唐松林を求めて上高地へ出かけた。唐松は良き黄色をしていたが岳樺は少し早いようだ。まずは大正池で降りて今日の宿がある河童橋へ向かう。
大正池から穂高連峰を望む
c0232370_01203674.jpg
大正池から焼岳を望む

c0232370_01205136.jpg
園路
 園路から穂高連峰を望むが撮影できる場所はほとんど無い。隙間を見つけてやっと撮影出来た。
c0232370_01210936.jpg
 園路にはおもしろい被写体も多い。小川に天然盆栽、唐松の実、マタタビの飛翔だ。
c0232370_01212140.jpg

田代池
 この池からは穂高連峰が望める。古老と話をすると ”ここには昔池塘があり水面に映った連峰との景色のコラボが綺麗であったと。” 
今は枯れ草の山である。草紅葉も良いかもしれない。
c0232370_01214053.jpg
梓川沿い
 園路は梓川沿いをとる。河童橋近くになると唐松林が現れ、黄葉が綺麗だ。手前に落葉樹があり、撮影的には興が殺がれる。


c0232370_01220987.jpg
今日の天気予報は曇りのち晴れであったが曇り空が多い。撮影的には残念だ。もう一度出直しだ。
c0232370_01221788.jpg
河童橋から黄葉と焼岳を狙う。焼岳の頂上から噴煙が見られたがここでは映っていない。
c0232370_01223136.jpg
次回に続く

[PR]

# by toka987 | 2017-10-27 01:50 | 17.10月の写真 | Comments(2)

聖観音菩薩 in 東院堂・薬師寺

聖観音菩薩 in 薬師寺
 議員後援会の旅行で奈良へ行った。薬師寺は初めてで東塔が撮りたかったが解体修理中で30年6月まで待たねばならない。まあ様子見することにした。東院堂・薬師寺に天平時代の国宝があった。撮影は無理と思っていたが堂外からは OK とのことであった。目の前、数メーターで撮れるのだ。有名寺院にしては寛大でありがたく感謝だ。飛鳥以前の仏像に比べて写実的だと言われている。腰から下の衣の襞や足筋に特徴があるらしいが写真的にはどうかとお顔を狙った。この像はインドのグプタ朝の影響が残っているらしい。
 おもしろいことに隣に鎌倉時代の木像の四天王像があるがこちらの銅像の方が新しく見えるからおもしろい。
c0232370_15004258.jpg
持国天・四天王
 脇に四天王像がある。鎌倉時代の木像である。まだ一部に彩色が残っている。堂内から撮影ができれば土門ばりの撮影ができるのだが。
c0232370_15005509.jpg
増長天・四天王
c0232370_15011502.jpg
薬師如来・本尊
 こちらが薬師寺本尊である。残念ながら堂外からだとかなり遠い。正面から望遠で狙うしかない。写真的にはおもしろくない本尊を無視するわけにはいかない。天平時代の仏像にしては保存状態が良い。銅製のためであろう。
c0232370_15060694.jpg
日光・月光菩薩・脇仏
 薬師三尊の脇仏である。
c0232370_15034478.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-22 15:41 | 17.10月の写真 | Comments(2)

ムラサキセンブリ・紫千振

アケボノソウの撮影後調べていたらこの花はセンブリ属であることが分った。それではセンブリも撮影してこようと思った。東三河には自生地が多い。時期は少し早かったが路端2ヶ所で運良くムラサキセンブリを見つけた。撮ってみると意外と綺麗に見えた。
c0232370_06270443.jpg

c0232370_03361661.jpg
エンシュウハグマ・遠州白熊
 風車みたいな楽しい珍しい花弁をしている。ハグマとは、北極に棲む「白熊(シロクマ)」のことではなく、ヤク(山羊の仲間)の尾でつくられた旗竿につける飾りであり、花の形がこれに似ていることから命名されたらしい。何時も命名者は素晴らしいと思う。良くこんな発想ができると感心させられる。この花は咲き方もおもしろい。一つの萼に3本の花柱が立ち、その一つの花柱から5本の花弁が外側だけ矢車のように開き、計15枚の花弁となっていることが写真から分った。花柱は3本以上もあったが標準は3本らしい。
c0232370_03363469.jpg
ミカワマツムシソウ・三河松虫草
 あまりゴチャゴチャして綺麗には思えなかったがピンクが綺麗に見えた。車山には青色のマツムシソウが咲きよく知っていたが好きではなかった。この花の名前は知らなかったが調べて初めて知った。なかなかいけると。
c0232370_03365419.jpg
オケラ
 初めはアザミの一種かと無視していたが綺麗に咲いているのが見つかったので撮った。調べてみるとオケラとある。おかしな名前だと思って由来を調べたが複雑で面倒くさいので止めた。
c0232370_03371209.jpg
ヤマハッカ・山薄荷
 名前も分らずついでに撮っておいた。複雑な形をしており、撮影に苦労する。調べてナーンダ”ハッカ”か。
c0232370_03380730.jpg
ワレモコウ・吾亦紅
 名前も花も知っていたが綺麗に思えず無視してきた。ついでに撮った一枚である。拡大してみるとナーンダこんなんだと。
c0232370_03393835.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-18 04:13 | 17.10月の写真 | Comments(9)

天然盆栽 in 大正池・海上の森

大正池・海上の森の紅葉が綺麗ではないかと期待していた。最近、池底が露出しているとの話が出た。アケボノソウの撮影を兼ねて様子見に寄ってみた。無残にも水は抜かれ池底に枯れ木が林立している。底がこれほど深いとは思っていなかったし、水面以下にこれほど枯れ木があるとも思わなかった。その理由は潅漑を兼ねた砂防池で水を抜く季節であった。もと水面辺りから枯れ木に雑草が生えておもしろい景色を提供していた。天然物にはかなわない。風情がありそうな枯れ木を選んで盆栽仕立にしてみた。
c0232370_08281608.jpg


c0232370_08294977.jpg


c0232370_08285839.jpg
c0232370_08283648.jpg



c0232370_08302032.jpg


c0232370_08292731.jpg




[PR]

# by toka987 | 2017-10-15 08:57 | 17.10月の写真 | Comments(4)

アケボノソウ・曙草 in 海上の森

アケボノ草
 海上の森にアケボノ草が咲くとセンターの人に教わった。綺麗な花に思えたので写友を誘って撮影に出かけた。
 この花はわずかにクリーム色がかった白い花冠を夜明けの空に、暗紫色の細点や、やや緑がかった黄色の点を星々に見立てたと言われている。図鑑では花冠が5列とあるが時には3列から8列まであるらしい。緑がかった黄色の点は蜜腺溝で、ここから蜜を分泌し昆虫を誘う。リンドウ科センブリ属に属し、この科は綺麗な花が多い。特にこの花はセンブリによく似ている。
c0232370_17595020.jpg

c0232370_02235791.jpg
c0232370_02241442.jpg
スズカアザミ・鈴鹿薊
 格好良くアザミが咲いていた。以外と目立っており、ちょうど虫が留まった。
c0232370_02404750.jpg

c0232370_02243995.jpg
サルノコシカケ・猿の腰掛
 サルノコシカケに落ち葉が乗っかっていた。
c0232370_02245319.jpg
落ち葉
 蜘蛛の巣に落ち葉が引っかかっていた。
c0232370_02250994.jpg
花弁4枚の曙草
花弁5枚が標準らしいがここでは4枚も結構見られた。ただし、その他は一本も見られなかった。
c0232370_17593734.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-14 02:58 | 17.10月の写真 | Comments(4)

コキア・ホウキギ

コキア・箒木
 コキアが見頃を迎えているとネットに載っている。この真っ赤な木を撮るのもおもしろいかと1週間前の疲れも取れたので蛭ヶ野高原へ出かけた。枝を束ねてホウキに利用していたことからホウキギの和名がある。
c0232370_12192469.jpg
逆光で捉えると赤が一段と輝いている。
c0232370_02211821.jpg

スキーゲレンデの中程にコキア花壇がある。観光客もちらほら見える。
c0232370_12194329.jpg
動的撮影が流行だというので減光フィルターを付けて、リフトを流してみた。
c0232370_12195561.jpg
近くにサルビア花壇がある。
c0232370_12201354.jpg
センニチコウの花壇もある。
c0232370_12202505.jpg
夕方になるとコキアの赤が強みをましたように感じた。林間から狙った。
c0232370_12203910.jpg
日暮れ前に空の青さとコキアの赤の冴えを狙ったがどうも上手く行かなかったようだ。
c0232370_12205255.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-06 22:39 | 17.10月の写真 | Comments(4)

中ア、濃ヶ池の紅葉

浄土乗越から木曽駒と前岳の間の凹みを下ると濃ヶ池へ行ける。途中の両山並みの紅葉が綺麗だ。
前岳側の山稜の黄葉
c0232370_10562949.jpg

濃ヶ池より馬の背側の黄葉
 この濃ヶ池の紅葉は北ア、涸沢の紅葉より綺麗だと言われている。カメラマン数名とかち合う。光線加減が分らず、たぶん朝か午後が良いのではないかと思う。再度来年も挑戦だ。
c0232370_21570739.jpg
c0232370_21572139.jpg
c0232370_21582777.jpg
チングルマの枯花と紅葉
c0232370_21573611.jpg
七竈の実と紅葉
c0232370_22013208.jpg
濃ヶ池
池の水が少なく池面への映り込みはあまり良くない。
c0232370_21580089.jpg
馬の背の岩
 どこか犬が座っているようだ。
c0232370_21581365.jpg



[PR]

# by toka987 | 2017-10-01 22:20 | 17.9月の写真 | Comments(6)

中ア、千畳敷と宝剣岳の紅葉

今年の山の紅葉狩りは中ア、濃ヶ池の紅葉と決めた。今春行者小屋で同宿した山ガール(と言ってもおばちゃん)が涸沢より綺麗だと教えてくれた。ここでは道中の千畳敷から宝剣岳までの見事な紅葉を展開する。濃ヶ池はもっと素晴らしかったが量が多いので第2部にする。
ロープウエイ駅から宝剣岳稜線
 紅葉には赤の紅葉黄の黄葉がある。ここでは、紅葉はナナカマド・七竈、黄葉はダケカンバ・岳樺ということになる。
c0232370_03064861.jpg
ロープウエイ駅から極楽平
                                
c0232370_10284332.jpg
遊歩道から
c0232370_03065816.jpg
草紅葉
 ここで草紅葉は赤のチングルマと黄の草と言うことになる。
c0232370_03071245.jpg
遊歩道から南ア遠望
 南アは三角形狀の甲斐駒ヶ岳、右横の仙丈ヶ岳、左横の鋸岳とその後ろの八ヶ岳である。 
c0232370_03072665.jpg
遊歩道から千畳敷の紅葉と南ア遠望で富士山も見えます。
c0232370_11193521.jpg

遊歩道から前岳山麓の黄葉
c0232370_10285574.jpg
宝剣岳
c0232370_03075598.jpg
宝剣岳稜線
c0232370_03082938.jpg
宝剣岳頂上
c0232370_02434005.jpg

浄土乗越下から千畳敷カールを
c0232370_03090297.jpg
富士山と南ア連峰
c0232370_03091636.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-10-01 04:05 | 17.9月の写真 | Comments(2)

大徳寺

大徳寺
 玉の輿神社東門で ”あぶり餅” を食べたあと大徳寺を訪れた。せっかく来たのであるから写真でよく見る大仙院の枯山水庭園を見るためである。写真を撮らしてくれるならまず一番にであるがここはすべて撮影禁止である。そこであまり乗り気ではなかったがどんなものか一度後学のために見てこようと思った。禅宗寺院の枯山水は通常禅思想を反映し抽象的な意味を持たせて石庭を造っている。ここの枯山水はまさに禅思想を叙述に物語った作庭となっており、まったく驚いた。禅寺の枯山水を理解するにはいの一番に見るべきだったと少し後悔した。ここを見に来てよかったと思った。ガイドの説明を受けると特によく分る。たぶん普通は作庭師が庭を造ると思うがここは開創禅師自らが造ったために禅思想そのままを反映した作庭となっていると思う。
仏殿 
 大徳寺は千利休が切腹に追いやられた山門や沢庵和尚と宮本武蔵の逸話でよく知られている。山門は入場禁止だしおもしろみがないが何故か仏殿だけは見ることが出来た。不謹慎だとは思ったが仏像を撮らせてもらった。殿の影や内部の窓が気に入ったので撮っておいた。
c0232370_20435923.jpg

龍源院塔頭
 大徳寺には21の塔頭があるらしいが公開されているのは四塔頭だけだという。寺内で精進料理を食べた後この塔頭を訪れた。この庭は阿吽の石庭ともいい、阿と吽の基礎石を元に作庭されている。元は聚楽第にあった石らしい。阿と吽の距離が大きく離れているため阿石周辺のみを載せた。
c0232370_22440824.jpg
方丈龍雲図
c0232370_22453671.jpg
秀吉と家康の対局碁盤
 四方に蒔絵した逸品の重要美術品とか。
c0232370_22444774.jpg
方丈前石庭
 蓬莱山、鶴島、亀島と白砂の大海原からなっており、雑物一つ無い蓬莱思想を取り入れた秀逸な石庭とか。
c0232370_22450366.jpg
竜吟庭
 三尊石組みからなる須弥山形式で相阿弥の作と伝えられている。青々とした苔の大海原に石組みの陸地、中央に高く須弥山が聳え立っている。
c0232370_22452083.jpg
興臨院石庭
 興臨院が特別開帳されていた。畠山家と前田家の菩提寺だとか。石庭が気に入った。
c0232370_22442918.jpg
ムンクの叫び
 方丈前の床板におもしろい模様・年輪が見られた。ムンクの叫びの絵の人物のようであった。
c0232370_22434456.jpg

[PR]

# by toka987 | 2017-09-23 23:57 | 17.9月の写真 | Comments(4)