ハロウィーン

ハロウィーン
c0232370_9333957.jpg

 10月31日はハロウィーンパーティが行われる日である。アメリカで盛んなパーティだが最近日本でも行われている。クリスマスも同じだがこちらの方が認知度は高いが商業政策に踊らされているという点もあると思う。特別に興味があるわけではないが子供が喜んで参加し、経済が回転して生活が豊かになるのであればこれも良いのではないかと思っている。
 ランの館で撮り残したテーマがあったので何か他に撮るものがあるかと便乗して出かけた。子供たちが大勢集まっていて親とともに仮装してはしゃぎまわっている。子供も撮影したかったが肖像権の問題やら親に煙たがられるのも邪魔者となるので遠慮してカボチャ系に限った。
カービング
c0232370_9335132.jpg

 行事としてカービング教室が開かれていた。展示物の素晴らしさに感心した。芸術の域に達しているのかもしれない。許可を得て撮影させてもらった。
アレカヤシの木肌
c0232370_934447.jpg

 本来はこちらが撮影目的であった。マクロなのでピンボケが避けられず、三脚持参で再挑戦したのだ。
最初の写真はモヂリアー二の叫びに似ていないだろうか。2枚目は神楽のお面に、3枚目はお猿さんの顔に似ていないだろうか。子供の気持ちになって撮影した。

by toka987 | 2012-10-30 09:57 | 12.10月の写真 | Comments(3)

Commented by 早合点 at 2012-10-30 13:03 x
恥ずかしながら、カービングという言葉知りませんでした、早速、調べて見るとハロウィーンのカボチャ細工も範疇ですね。
アラカヤシの木肌が作り出す百面相も面白いですね。
Commented by サン at 2012-10-30 23:54 x
ラタンになったカボチャたちが可愛らしいです。
アラカヤシの木肌の写真を見ていたら、子供の頃夜寝る時、天井の木目やシミを見ていると色々な生き物に見えてきて、ギュッと目をつぶって見ないようにしていたことを思い出しました。
Commented by toka987 at 2012-10-31 23:52
私の子供が友人とキャンプサイトで石を並べてこれは何の顔とか言って遊んでいたのを思い出します。何故か子供やお年寄りにこのような傾向があるようです。赤子にならないと天国に行けないというある宗派の教えもあります。