ミツガシワ

ニンフォイデス
c0232370_0564064.jpg

 東山植物園の温室でこの花が咲いている。和名はミツガシワという。初めて見たときなんと綺麗な花かと少し気を取られた。説明書を見ると和名のミツガシワの一種とある。洋種はあまり興味がないのでそのままにしていた。この春白馬の姫川源流を訪れたところ説明板にミツガシワの群生地が親海湿原にあると書いてある。訪れてみるとまだ少し早いようで蕾であった。今回上高地のニリンソウの撮影に訪れたついでに親海湿原まで足をのばした。残念ながら最盛期は少し過ぎていたがなんとか撮影できた。
一つの花
c0232370_057340.jpg

 一つの花を見ると洋種とよく似ていて綺麗である。
 一つの花茎
c0232370_057491.jpg

 一つの茎に群生していて湿地に咲いているが水中ではない。
群落
c0232370_0572111.jpg

 少し時期が過ぎており、真っ白一面とはいかなかった。できれば来年再挑戦してみたい。鹿島槍の黒沢高原にも咲いているらしいが今年は遅霜にやられて綺麗ではないそうだ。

by toka987 | 2013-05-26 01:18 | Comments(1)

Commented by ルピナスおばさん at 2013-05-26 22:23 x
わぁ~可愛い花ですね。
一枚目の写真は「ニンフォイデス」というのですね。
水に浮いているのかしら、、、、
星の形の小さな花のようですが、睡蓮の種類かしら初めて見ました。