妙義山の紅葉

c0232370_1053631.jpg

 妙義山は独特の岩峰で知られており、近くを通ると目立つ存在である。紅葉の写真が面白いかと撮影に訪れた。残念ながら曇り時々晴れとあり天候のコンディションが良くない。南面に回り込み東の妙義神社から西の中ノ岳神社までドライブしながら適所を探した。夕暮れの雲の晴れ間に中ノ岳神社から撮影した。
c0232370_2030959.jpg

c0232370_20302482.jpg

 神社の売店に見慣れない赤い実がぶら下がっていた。名前は分からない。
c0232370_20304043.jpg

めがね橋
c0232370_2031818.jpg

 アプト式鉄道の鉄橋である。この言葉を聞いたのは大学生時代である。日本唯一の鉄道だというので興味は少しあったが尋ねるほどでもなかった。スイスのヨーロッパアルプスへ山登りに行ったとき初めて本場のアプト式に乗った。列車のギァと線路のギァを噛み合わせて登るのである。何だこんな事かこれなら登れるな、おもしろい発想だと思った。そこで何年か前に実働している大井川鉄道へ撮影に出掛けた。運転手の好意で車庫の点検室まで電気機関車を移動させてもらい下に潜って撮影させてもらった。JRではまず無い事である。写真に載せては迷惑が掛かるかと思い遠慮したがもう時効であろう。
c0232370_20312088.jpg
c0232370_20313295.jpg
c0232370_20314353.jpg

by toka987 | 2015-11-13 20:59 | 15年11月 | Comments(4)

Commented by shb3539 at 2015-11-13 23:54
素晴らしい写真ですね。表妙義に登ったのは50歳代ですから30年も昔のこと。
山容は全く変わっておらず懐かしく拝見させていただきました。
Commented by ライダーマンMO at 2015-11-14 09:29 x
tokaさん今日は 以前群馬県内をとおった時山の形が独特だと感じました、東海地方の山とは趣きが違ってました、作品の岩も絵になりますね、橋梁とトンネルはいまは道路になって残ってるんでしょうか、
車輪とギアは大井川鉄道のようですね。
Commented by toka987 at 2015-11-14 12:44
橋梁とトンネルはアプトの道といって遊歩道となっています。車輪等は碓氷峠で使われていたJR国鉄時代のものです。この峠の入口に鉄道博物館があり、ここに展示されています。
Commented by ctieko at 2015-11-15 07:26
アプト式鉄道?はよく分かりませんがいづれも力強い写真ですね。
赤い実はきっと小さいのでしょうが干し柿の簾のようで面白いです。