カエンタケ・火焔茸

カエンタケ・火焔茸
 写友 I 氏がカエンタケが生えている茶臼山を案内してくれた。長年探していた待望のキノコである。猛毒なキノコで食べると致死にいたり、汁に触れるだけでただれるとか。
c0232370_05364135.jpg
アケボノソウ・曙草
 昨年海上の森で見つけ撮影したが茶臼山ではこの時期アチコチで咲いている。リンドウ・センブリ系では最も綺麗な花であろう。黄色い2つの斑点が蜜線で昆虫類を呼び寄せるらしい。
c0232370_05362894.jpg
カワチブシ・河地附子
 トリカブトの一種で山で見るものよりは綺麗に見えた。ヤマトリカブトとの名前もあり迷ってしまう。
c0232370_05370663.jpg

マツムシソウ・松虫草
c0232370_08283024.jpg

セキヤノアキチョウジ・関屋の秋丁子
c0232370_05355953.jpg
名は不明
c0232370_05361317.jpg
紅葉
 すでに紅葉が始まっていた。葉の色の変化がおもしろい。
c0232370_05372256.jpg

by toka987 | 2018-10-05 05:59 | 18年10月の写真 | Comments(2)

Commented by shb3539 at 2018-10-05 09:45
カエンタケ初めて拝見しました。気味が悪るそうな
毒たけですね。そろそろ紅葉の時期ですね。先日栂池に行ってきました。そのうち投稿しましょう。
Commented by toka987 at 2018-10-06 08:10
> shb3539さん,見ただけでチョッピリビックリしますね。でも珍しい茸だと思います。今年の紅葉は何処にしましょうかね。山の紅葉は台風の為に葉が落ちさんざんのようです。中アでは。