楷の木の紅葉 in 閑谷学校

楷の木の紅葉
 2018年8月両親のお墓参りで実家の岡山を訪れた。帰りに時間があったので近くの江戸時代の藩主池田公が建てた庶民学校・閑谷学校へ撮影(ブログあり)に出かけた。天候は曇りで下調べもなく訪れたのであまり良い撮影はできなかった。しかし珍しい物、おもしろい物がいろいろありフォトジェニックなものが有るなと思った。ここは岡山県第2位の人気紅葉ポイントであるのでこの時期に訪れることにした。ここの紅葉は珍しい楷の木2本が孔子廊入り口にあるがなかなか見応えのある木である。カイノキは、直角に枝分かれすることや小葉がきれいに揃っていることから、楷書にちなんで名付けられたとされる。別名クシノキ・孔子の木は、山東省曲阜にある孔子の墓所「孔林」に弟子の子貢が植えたこの木が代々植え継がれていることに由来し各地の孔子廟にも植えられている。
c0232370_16303554.jpg
おもしろいことにこの2本は同じ木の種を中国の孔林から譲ってもらったものであるが紅葉の色が紅葉と黄葉に分かれている。
c0232370_16305179.jpg
床紅葉
 この講堂が国宝である。床は漆拭きされており床紅葉が映える。京都の床紅葉も有名であるが撮影はさせてもらえない。ここは撮り放題だ。京都は何でもお高くとまっているから好ましくない。
c0232370_16283175.jpg
残念ながらライトアップ用の照明器具が邪魔だ。
c0232370_16281332.jpg
備前焼の赤瓦
 屋根瓦は備前焼の窯変である。数万枚焼いたそうで窯元の違い、位置の違いで色変りがありおもしろい。瀬戸の赤津瓦(ブログあり)も同じであった。
c0232370_16294881.jpg


c0232370_16300313.jpg
石塀
 実に豪華なものである。
c0232370_16291057.jpg
楷の木と講堂
c0232370_16274421.jpg
c0232370_16275827.jpg
小齊
 藩主の休憩所である。4畳半と質素である。
c0232370_16292998.jpg
楷の木の特徴
 小枝が大枝からほぼ直角に生える。
c0232370_16301841.jpg
葉っぱが対になって整っている。
c0232370_16310897.jpg
学校正門から楷の木の紅葉を見る。
c0232370_16285053.jpg

by toka987 | 2018-11-07 18:02 | 18年11月の写真 | Comments(4)

Commented by ctieko at 2018-11-07 21:23
床紅葉の写真はとっても素敵。
それぞれの季節で見せる風景もまた良いですね。
秋に染まり座り込んでいたい気持ちがしました。
Commented by toka987 at 2018-11-07 21:44
> ctiekoさん,座り込んで撮っていました。
Commented by shb3539 at 2018-11-10 17:23
すべての写真に奥ゆかしさが感じられます。人混みのないのがかえっていいですね。
Commented by toka987 at 2018-11-10 17:40
> shb3539さん,混み合うとまではいきませんでしたが人を外すのに気をを遣いました。紅葉、黄葉を全部入れても絵になるなと思いました。素晴らしい学校、紅葉景色でした。愉しかったです。どことなく全て風格を感じました。