人気ブログランキング |

井波彫刻 in 瑞泉寺・富山

南砺市の井波地区は日本一の木彫りの町として知られる。まず木彫りの里創遊館と隣の井波彫刻総合芸術館を訪れた。残念ながらさすが芸術館作品撮影は御法度である。 そこで井波彫刻はこの地の古刹・真宗大谷派井波別院瑞泉寺の歴史とともに生まれたらしいからこの寺を訪れると井波彫刻が撮れると読んだ。ドンピシャだ。
鐘楼張りの獅子像
c0232370_22464344.jpg
太子堂天井の斗供群
c0232370_22470065.jpg
斗供の一部の彫刻
c0232370_22472772.jpg
虹梁
 虹梁もこの調子だ。
c0232370_22474246.jpg
鬼顔の年輪
 私の得意芸だ。ここでも見つけた。
c0232370_22475563.jpg
蛙股
 通常蛙股に彫刻はないがここではこの様だ。
c0232370_22481109.jpg
 本堂前の庭に藤の大木が満開だ。
c0232370_22483064.jpg
山門
c0232370_22485295.jpg
 今回友人の薦めで井波彫刻を見に訪れた。名前は知っていたがそれ程の気持ちはなかったので帰りのついでに寄った。しかしながら瑞泉寺の彫刻を見たときこれは凄いと思った。彫り物が無い所を探すのが難しいくらいだ。どちらかというと過剰気味だ。お金に換算すると何十億とするだろう。もう一度気を引き締めて訪れたいと思った。近くに散居村がある。ここも楽しみだ。




by toka987 | 2019-06-13 23:09 | 令和元年6月の写真 | Comments(2)

Commented by shb3539 at 2019-06-14 06:41
いい旅行をされましたね。巧技のすばらしさに感銘しました。行けるときに行っておかないと・・。
Commented by toka987 at 2019-06-15 22:03
> shb3539さん,そうですね。行けるときに行っとかないと。でも行きたいところ、撮りたいところが多くて時間がありません。