カテゴリ:18年10月の写真( 3 )

あけぼの草

アケボノソウ・曙草(追加・変更あり)
 アケボノ草が今満開である。花名は花冠の斑点を夜明けの星空に見立てたことに由来する。そこで夜明けの花らしい雰囲気で撮れないかフイルム時代のオールドレンズとソフトフォーカスレンズで挑戦してみた。
オールドレンズで
c0232370_20564157.jpg
ソフトフォーカスレンズで
c0232370_00513853.jpg
オールド・ホワイトバランス
c0232370_20585696.jpg
オールド・ホワイトバランス2
c0232370_02481746.jpg
オールド・マクロレンズ・ホワイト
c0232370_21030518.jpg
さて結果は如何に


[PR]

by toka987 | 2018-10-16 00:58 | 18年10月の写真 | Comments(7)

鞠子宿・丸子宿

鞠子宿・丸子宿
 静岡市近くに東海道五十三次の鞠子宿がある。現代では丸子宿となっているようだが。議員さんの親睦会「SLの旅・大井川鐵道」の昼食で訪れた。松尾芭蕉の「梅わかな丸子の宿のとろろ汁」の句で有名である。松尾芭蕉翁、十返舎一九、歌川広重、様々な紀行物語や俳句、随筆、浮世絵でも残されている。ここでとろろ汁と言えば丁子屋と言われ、広重の浮世絵にも描かれている。店の前にその絵が掲げられている。
c0232370_09542730.jpg
この写真はその浮世絵とそっくりで、絵では重なった後ろの山の前山だけが描かれている。店も小さい。
c0232370_09543941.jpg
駐車場からこの路地を通って東海道に出て写真2の正面の入り口から入る。鞠子宿の看板が見える。丸子か鞠子かいったいどっちだ。
c0232370_09545571.jpg
丁子屋の正面入り口。
c0232370_09550721.jpg
食事はもちろんとろろ汁である。とろろ汁は大鉢いっぱいにあり、ご飯は麦飯食べ放題である。ご飯よりおかずの方が多い。
c0232370_09552706.jpg
店は茅葺き合掌造りで最近吹き替えをおこなったとの話で茅や縄が新しく白く光っている。おもしろいことに梁や柱に張り紙がいっぱいしてあるが意味はわからない。この店は江戸後期に建てられ400年程を経ているらしい。以前に鉄筋コンクリと木造ではどちらが耐用年数が長いか聞いたところ法隆寺の1200年が有るのを見れば分るだろうと言われた。
c0232370_09554560.jpg
店内には資料館もあり、古い調度品を装飾に生かしておりなかなかおもしろい。竹下夢二の絵が床の間に飾ってあった。
c0232370_09560981.jpg
店内のいたるところに昔の調度品が置いてある。さすが昔からの店だ。大名行列の担ぎ箱らしき物も置いてあった。初めて実物を見た。
c0232370_09555500.jpg

[PR]

by toka987 | 2018-10-12 10:37 | 18年10月の写真 | Comments(2)

カエンタケ・火焔茸

カエンタケ・火焔茸
 写友 I 氏がカエンタケが生えている茶臼山を案内してくれた。長年探していた待望のキノコである。猛毒なキノコで食べると致死にいたり、汁に触れるだけでただれるとか。
c0232370_05364135.jpg
アケボノソウ・曙草
 昨年海上の森で見つけ撮影したが茶臼山ではこの時期アチコチで咲いている。リンドウ・センブリ系では最も綺麗な花であろう。黄色い2つの斑点が蜜線で昆虫類を呼び寄せるらしい。
c0232370_05362894.jpg
カワチブシ・河地附子
 トリカブトの一種で山で見るものよりは綺麗に見えた。ヤマトリカブトとの名前もあり迷ってしまう。
c0232370_05370663.jpg

マツムシソウ・松虫草
c0232370_08283024.jpg

セキヤノアキチョウジ・関屋の秋丁子
c0232370_05355953.jpg
名は不明
c0232370_05361317.jpg
紅葉
 すでに紅葉が始まっていた。葉の色の変化がおもしろい。
c0232370_05372256.jpg

[PR]

by toka987 | 2018-10-05 05:59 | 18年10月の写真 | Comments(2)